1. ホーム
  2. 事例紹介

つかさ牧場 多宇司 様

私は、日本の南の島、八重山諸島の中の石垣島で和牛の繁殖経営をしています。石垣島は、1年中暖かい気候に恵まれ、牛に必要な牧草が豊富にあります。沖縄県は、肉用牛の生産に力を入れて振興普及してきました。現在、沖縄県で約8万頭の肉用牛(黒毛和種)が繁殖用として飼育されています。その中で、石垣島では半数の約4万頭が飼育されています。島内で自給している豊富な牧草を食べて育つ和牛の子牛は、健康で、発育のよい子牛として、全国の肥育農家の方々に買っていただいております。毎月14日のセリの日には、約800頭の子牛が上場されております。私は、放牧を主体に約130頭の母牛を飼育して、平均8ケ月でセリに出しています。3年前から、妻と二人で飼養改善に取り組んできましたが、地元の飼料会社である㈱内田食品の内田社長からいろいろとお手伝いをいただき、NYSの製品を使ってきました。 母牛の繁殖はもとより、子牛の発育が格段に改善されて、楽しい毎日が訪れました。牧場に行くのも、牧草地で仕事をするのもワクワクしますし、なにより、1ケ月に1度のセリに子牛を出荷するのが待ち遠しくて、購買していただくお客様に喜んでいただけるのがなによりの楽しみになりました。NYSの製品とプログラムを紹介していただいた内田社長に感謝しています。
地区 沖縄県石垣市
牧場名 つかさ牧場
代表者 多宇 司 様
規模頭数 <和牛繁殖>
母牛  130頭
育成牛  30頭
(合計260頭)
年間子牛出荷頭数 110頭
取引先

株式会社 内田食品 様

使用製品

アクアイミューン、イースチャーE、イミュラックC、カーフビガー、ダイナミックターボ、リカバーライト
給与方法

<繁殖母牛>
周産期に、イースチャーE20g
ダイナミックターボ30g を給与

<子牛>
生後すぐ イミュラックC1本  を給与
出荷まで イースチャーE20g を給与

<離乳時>
離乳前2日から離乳後2日の4日間、給与を続けます。
リカバーライト2リットル×1日2回

<去勢時>
去勢後の2日間
リカバーライト2リットル×1日2回
ダイナミックターボ50g

<ストレス時>
回復するまで、約3日間の給与を続けます。
アクアイミューン30ml
カーフビガー2リットル